頑張ってなるべく週間で更新
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
最終之巻 明日なる夢
はあぁ~   終わった。終わった。
これで 虚しさ と 遣り切れなさ と 嘆かわしい 日々から開放される・・・ってモンです。

其れにつけても惜しむらくは“例”の件で細川茂樹さん出演の“愛のエプロン”がとんでしまった事。
(一件が一件だけにおそらくお蔵入りとなるのでしょう)


『最終之巻』   だそうです。  “1年後”だそうです。

最終話なんですが、
物語の収拾をはかる為か?納まりきらないほどの内容を無理やり30分内に納めようとしているように見えました。
30話以降の中でも、編集・構成は最悪です。

前シーンと次シーンが繋がってない  と云える場面ばかり――――――――――(行間をハショリ過ぎです)

一番 説明できない“不自然きわまりない” と思ったのは、
何故、『響鬼』さんが『魔化魍 ロクロクビ』と闘ってる場所に『明日夢』がやってきたのか? という事です。
コレは先とは違う理由であると思われます。
それは おそらく細川茂樹さんが書き直されたといわれる“ラストシーン”の為でありましょう。

『ヒビキ』さんと『明日夢』の主人公 二人きりによる あのラストシーンに繋げる為にアソコに『明日夢』を登場させなければならなかった! のだと思われます。

では、本来の脚本ではそのシーン 如何なっていたのか?ですが、(ここからは私の勝手な想像です)

師匠である『響鬼』さんが闘っているアノ場面に駆けつけて不自然でないのは、『明日夢』より弟子になってしまっている『―――』でしょう。
もしくは、『明日無』と『―――』、二人そろって来るのなら 自然といえるでしょう。

つまり 井上さんが用意してた本来のラストシーンは、
『ヒビキ』さんと『―――』によるモノ もしくは、
『ヒビキ』さんと『明日夢』、そして『―――』の3人によるモノ、
どちらにしろ『―――』が介在するラストシーンであったと思われます。

なるほど―――――(細川さん、お気持ち お察しいたします)

hibiki30s.png


ナンにしましても 演者の方々、スタッフの皆様、
お疲れ様でした。一年間ありがとうございました。

あ はじめに“開放される”なんて書きましたけど、自分自身 総括を何週かにわたって書こうと決めておりますので
   も少しモドカシイ日々が続くのだと思われます。

その第1段は “週記”なんで なるべく来週中にUPできるよう するつもりです。
では また次週。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
まだ暫く
続けられるんですね。よっかった!
「響鬼」じゃなくても、きへんにふゆさんのイラストは何らかの形で見たいと思っていましたからウレシイです。
「響鬼・総括」楽しみにしてます。
僕が「響鬼・考察」を書く必要が無くなるかも・・・
2006/01/24(火) 23:27:44 | URL | 多聞亭 #O7xVy9HA[ 編集]
ああっ!?あきらちゃん変身体だぁヽ(´ー`)ノ私の理想のラスト、そのままの感じです。もちろん『―――』はなしで♪

TV朝日の響鬼OfficalSite、“猛士通信”での細川茂樹さんラストインタビューによると、「台本のままではない」、台本のラストシーンは「忘れた方がいいですよ」との事ですから、“不自然きわまりない”部分が多々あるのは仕方ない事なのでしょう?というか、所詮、グタグタとなってしまったアナザー響鬼。清めの儀式に時間を割いたり、劇場版魔化魍オロチを持ち出し、それをメインにしたりして、中途半端に結末を付けるより、ヒビキさんと明日夢くんのその後をメインしてくれたのは、いっそいさぎよいと言ったら、言い過ぎでしょうか┏┫ ̄皿 ̄;Aアセアセ…
でも私的には、最終之巻は、珍しく『―――』のうざさも、ほとんど気にならず(全く無いわけじゃないですが。変身体も、私的には、あの姿は鬼弟子にあらず、なので。体色が白だし)、あのラストシーンにより、かなりアナザー響鬼のストレスが癒されました。もしラストにまで『―――』が絡んで来ていたら、と思うと…(;´瓜`)

今後の総括、楽しみにしています♪

響鬼は二十九之巻までと言われている評論家&アンソロジストの東雅夫により、『響き交わす響鬼――「仮面ライダー響鬼」研究読本(仮題)』(国書刊行会)の刊行が正式決定されているそうです。鬼や式神、魔化魍などの研究論文もありそうですから、こちらもかなり期待しているのです。

追記:姫@早紀→姫屋早紀にニックネーム変更しました○┓ペコ
2006/01/25(水) 09:17:41 | URL | 姫屋早紀 #SFo5/nok[ 編集]
響鬼週記がまだ続くとのこと、うれしく思います。次週も楽しみにしています!
さて、最終回、ホント、この期におよんで何でこんなに盛り込むの、って感じで、これが最終回かよと思ってしましました。
とくにモッチーがさらわれる所なんて必要だったのかなあ…。
それにキリヤが鬼になるのも…。まあI上氏のお気に入りのキャラでしょうから、鬼にしたかったんでしょう。しっかし意味なし!
細川さんと高寺Pで某国営放送へ「真・響鬼」なる題で企画を持ち込んでほしい~なんて思ってしまいました!
Q:惜しむらくは例の件…って何ですか。気になります。
2006/01/25(水) 20:56:51 | URL | 終鬼 #-[ 編集]
うおぉぉぉぉぉぉぉ・・・纏まらねぇー!
私のような者が“総括”などとおこがましい って事か・・・
第一段を来週中に   なんて書きましたけど、いきなり自信喪失したー。
間に合わせる自信 ゼロ・・・自戒、自戒、自戒、自戒、自戒・・・・・・・・・・・


>多聞亭さん、コメント&TB ありがとうございます。
と云う訳で、私 のたうち回っております。
多聞亭さん、是非!是非!「響鬼・考察」やってくださいませ。(懇願)


>姫@早紀さん 改められ 姫屋早紀さん、コメント&TB ありがとうございます。
ラストシーン、やはり無理矢理感は否めないのですが、
細川さんも “仮面ライダー響鬼”という作品は“ヒビキ”と“明日夢”の物語なんだ というトコロはどうしても譲れなかったのだと思います。
私も続々と刊行される響鬼関連図書類は選りすぐりの上 幾つか購入予定です。
東雅夫氏の“鬼本”も購入しようかと。


>終鬼さん、コメント ありがとうございます。
「真・響鬼」、“Vシネマ”で発売 なんてのもいいんじゃないですかね?
もしも そんな事になったら、私ぁ買いますよ。絶対!

A:惜しむらくは例の件  ―  は、響鬼とは直接は関係ない話です。
  先週放送予定だった“愛エプ”に 先週初めから世間を賑わせてる会社の“女性広報”の方が
  “エプガ”として出演しておられた模様です。
  故に急遽、総集編に差し替えられたという次第です。
  細川さんによる“仮面ライダー響鬼”最後のPR、バラエティ出演だったんですけどね。残念。
2006/01/26(木) 14:16:16 | URL | きへんにふゆ #2/3QTiSk[ 編集]
こちらを続けていかれるとのこと、楽しみにしているので、大変うれしいです。
今回のイラストは、本編で見てみたかった場面そのものです。
私は、最後の最後のあの場面を見られただけで、最終回を見てよかったと思っています。(根性なくて前の数回見てないもので)
前半夢中になって、後半がっかりした番組っていままでなかったと思います。『Vシネマ』現実になったらいいですよね。ならないかな。
2006/01/26(木) 21:12:18 | URL | 下野の母 #-[ 編集]
これは、あけましておめでとうございます。
>下野の母さん、コメントありがとうございます。

ラストシーンは細川さん 渾身の抵抗で実現したようですから・・・(最低限の良心 といったトコでしょうか)

このような顛末を辿った作品は 私も初めてですね。
完全に打ち切りをくらったモノや打ち切りに合わせてエンディングを速めたモノは
多々、観てまいりましたが・・・(ファンにとっても作品にとってもソノ方が幸せかも)

路線変更という事で今回と最も近いケースでは“超人機メタルダー”があります。
未だにコアなファンがいる(私も大好きな作品です)この作品も
低視聴率と玩具の売行き不調で路線変更を強いられました。
中盤から露骨なまでに子供向けな作品に変貌したのですが、
後半も後半、ラスト数話は本来に近いハード路線を取り戻し完結。(めでたし、めでたし)でした。

同じ路線変更を強いられながら、この作品が“響鬼”ほどの不幸な末路を辿らなかったのは
路線は変更したもののスタッフの移動が無かった為だと思われます。

二十年も前の作品にもかかわらず今だコアなファンを抱える“メタルダー”のような作品に
“二十九之巻以前 響鬼”はなるモノだと 私、確信しています。

Vシネマは無理でしょうけど・・・
2006/01/27(金) 16:39:38 | URL | きへんにふゆ #2/3QTiSk[ 編集]
どうも、もう一週間も経ってしまいましね。
管理人様の「はぁ~終わった終わった」という一言を見て落ち込んでしまい、今になっての書き込みとなってしまいました。
響鬼最終回は個人的に「一つのお話としては」良いものだったと思います。良くも悪くも後期響鬼らしいかんじでしたが。最終回としては、微妙だったかもしれません。
それでも俺の「響鬼大好き」という気持ちは揺らぎません。本当に、一年間楽しませてくださったスタッフ、キャストの皆様(井上さん白倉さん含め)に感謝です。
では、管理人様、一年間コミカルで楽しい絵で楽しませてくださって有難うございました。
これからも頑張ってください!
〆シュッ
2006/01/30(月) 20:33:48 | URL | 銀河系 #gMgOlkI.[ 編集]
お疲れ様でした
お疲れ様でした。消化不良でしたけど面白い試みの番組だったと思います。
そういや、松田賢二さんの公式BBSを荒らした(一時閉鎖された)綾川さんがアクセスされてましたけど、相手しないほうがいいですよ。
2006/02/03(金) 14:41:45 | URL | りっぷる鬼 #JZ2AL5Xs[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2006/02/07(火) 09:15:41 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
どんな『響鬼』最終話レビューにしようか迷いました。突っ込みどころ満載! 納得できずに毒を吐くことが、今までで一番容易と思える最終話でしたから。思ったとおり、予てからの懸案も何ら解決せずに終わってくれました。特に洋館の男女のオチには開いた口が塞がりません..
2006/01/24(火) 22:29:08) | これってどうかな?
オロチ現象の清めの儀式は、週を跨ぐ間に山場を越え…                     ○   从::;;;;;ノ  )      ヽ(,._.,(_ ノ ||     从::;;;;;ノ  )  (( ⌒ )) ))≡    ▽(ミw彡)∩       从::;;;;;ノ  从;;;;;::人 ;
2006/01/25(水) 09:18:58) | ■□■ 姫屋通信 ■□■
***ご無沙汰しております。最終之巻へのTBをさせて頂きます*** …長い、とても長い道のりでした。一年間という放映期間自体もさることながら、その途中で不幸にして起こってしまった路線変更と、その後の辛い日々を思い返すと、今でも胸が苦しくなります。でも、何
2006/01/25(水) 20:55:19) | Old Dancer's BLOG
秋の第二部(三十之巻)以降ブツクサと文句を垂れつつも、いつしか少年2人が鬼として成長してくれるラストを待っていた'''[http://www.tv-asahi.co.jp/hibiki/ 仮面ライダー響鬼]'''もいよいよ最終回({{{「'''最終(四十八)之巻 明
2006/01/27(金) 00:17:06) | 日記著者のアジト
何の期待もしていない最終回。BGMは発売になったばかりの「音撃盤三」としてスタート。OP主題歌もなく、オロチの儀式で怒濤の戦闘シーンかと思いきや、CM明けではいきなり「一年後」。色々と事情があっただけに、Sプロデューサーも脚本の敏鬼も決着を付けることを嫌ったのか
2006/01/28(土) 15:56:35) | MEICHIKU なんでもぶろぐ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。