頑張ってなるべく週間で更新
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
四十三之巻 変われぬ身
a-mudo43s.png


物語は予想どおりの結末に向けて着々と進行中であります。

『四十三之巻』です。


初の3話継続の展開のようです。(というより最終回まで続きまくり?かも)

今回の内容としましては、『トドロキ』再起不能。と『斬鬼』さん 決死の復活 です。
ま、とりわけて 何の感想も無いんですが―――――
あえて云うなら、『斬鬼』さん 無理に闘わなくても 『洋館の二人』がその気になってますから“指サック”でチョッチョイと片付けてもらえば?


本来 『鬼』に成る手続きって結構たいへんだったなぁ。
事務局に提出する書類イッパイあったり、そうそう 健康診断とかありました。
胸に古傷のある『ザンキ』さんは健診でアウト、『鬼』には成れてません。よって、弟子も持てません。
つまりは、『雷師弟』は はなっから存在しないって事になります。パラレル、パラレル。


あまりに予想どおりなので、どんな裏切りでもいいからみせてくださいよ、井上さん。


よろしく。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
はじめまして。毎回イラストが楽しみでいつも拝見させていただいてます。
私、裏方さん事はよくわからないんですが、ザンキさんの胸の古傷とかトドロキ君の
再起不能とか・・。これって井上さんが独断で決めてることなんでしょうか?
ストーリーの構成とかってプロデューサーが仕切っていると思うんですけど・・。
すいません。あまりにも井上さんを批判されてるので少し気になったのです。
ちなみに私は井上儲ではありませんけど。(笑)
2005/12/13(火) 23:21:55 | URL | 真樹 #-[ 編集]
洋館の男女に「生身の人間なら手から光線出すのをやめてくれぇ!」って叫びたくなりました。
せめて術らしい術を使ってほしいですね。
こうなると沢山いたクグツをリストラしたのが間違いでしたね(笑)
2005/12/14(水) 01:28:46 | URL | 多聞亭 #O7xVy9HA[ 編集]
もう投げやりになってきましたね(笑)
今まではなんだったんだ?
と思うことが次から次へと出てきますが、ここまできたら やはり僕は最後まで見届けます。
もうすでに全員にとってのハッピーエンドにするには夢オチしかありませんが。
2005/12/14(水) 02:16:46 | URL | 緒州 雅人 #-[ 編集]
こんな投げやりな回へようこそ
>真樹さん

白倉P主導か、脚本の井上氏主導かは知るすべもないですが―
私は、白倉・井上 両氏の作品嫌いじゃないですよ。寧ろ、好きな作品のほうが多いです。

“ジェットマン”や“シャンゼリオン”、平成ライダーで云えば“アギト”も“555”も
井上さんは数話しか書かれてないですが“龍騎”も好きな作品です。DVDも持ってます。

彼等の実力を認めているからこそ、“仮面ライダー響鬼”における彼等の仕事ぶりが解せないのです。

自分達が関与する以前とはいえ既に公になっている情報をあからさまに無かった(としか・・・)事にするのは・・・
引き受けた以上はそれまでの設定を取り込んだ上で自らが創造する世界(白倉井上 響鬼)を観せてほしかったです。
ま、意思の疎通ができていないのは 彼等だけでなく、旧スタッフや上層部にも責任あるとおもいますけど。

結局、彼等にとっては 厄介な敗戦処理 なんでしょう。
私にとって そう思わざるおえない今日までの展開を観るにつけ、結果 批判的な文章になってしまうものです。



>多聞亭さん

同感です。私も同じような事を考えてました。

今回のラストシーン 私が創るとするなら、
無数のバケガニに囲まれ窮地の響鬼・威吹鬼を見ているしかない・・・ザンキさんの上空を 無数の黒白クグツが飛び越えていく―
それをローアングルから仰りで     なんて画、どうです?
ナカナカ、カッコいいと思うのですが。



>緒州雅人さん

私も最後まで観ますよ。(このブログ、最終回まで続けるということは硬く決意してますから ハハァ)
今週の内容もそうなのですが、今回の記事、我ながら 投げやり だと思います。「とりわけて 何の感想もない」ってのが正直な今回の感想でして。

先月くらいから らくがきも記事もナニをかこうか 頭を悩ませてる次第です。
ま、最終回までナニかしらネタを見付けて続けていけたらなぁ なんて思ってます。
2005/12/14(水) 16:55:57 | URL | きへんにふゆ #-[ 編集]
いつも「うん、その通り!」と感じながら読ませていただいています。
私も白倉&井上両氏に対する感想に同感です。“厄介な敗戦処理”というご意見、私もそう感じます。新
路線なら、それなりの展開にすべきですよね。しかしそうしたことはあまりに見えない。旧路線を適当に受け、適当に流しているようにしか感じられません。だからいろんな部分につっこみたくなります。(例えば今回なら不知火は誰が運転したの?とか、鬼の修業は山にこもるんじゃないの?とか)
いい加減さがどうしても際だって感じられますね。
さあて、来週は斬鬼さんが“整理”されるのかなあ…。
2005/12/14(水) 20:26:57 | URL | 怒鬼 #-[ 編集]
こんな投げやりな回へようこそ 2
>怒鬼さん

不知火の話。
多聞亭さんも御自分の記事の中で触れられてました。
弟子を二人持った段階で誰も(番組を最初から観てる人)が考えたのでは?「ヒビキさん、移動手段どうすんの?」ですね。
弟子一人なら劇場版のように凱火の後ろに乗せればすむんですが・・・

で、私なりに今回のあのシーンの違和感の改善策をいろいろ考えてみました。

まず、状況分析から 崖上りの修行です。更にこのシーンで重要なのはキリヤの荷物を登場させる事です。
この場所に到着するシーンはありませんでしたが、あるとするなら 演出上崖の下側に三人が到着するのが自然ではないかと思います。
「今日は崖上りの修行だ」で崖を見上げる弟子二人 なんてシーンがまぁ一般的かな。
当然この時キリヤはこの場に荷物を持ってきてないといけない訳ですし、演出上 崖の上で荷物をヒビキさんに披露しなければいけないので荷物を崖の上に持って上がらなければいけません。
しかしキリヤ自ら荷物を抱えて崖上りの修行は不自然です。となると別の人がなんらかの方法で崖の上に荷物を持って行かなければなりません。
では誰が どうやって という事になりますけど、やはり車(不知火)という事になりますか。で、ドライバーは・・・
ドライバーをヒビキさんにした場合、二人に崖上りをさせといて自分だけ車で移動というのはないでしょう。修行とはいえ 危険な崖上りをさせるのだからプールの時同様二人を見てないとね。
二人を待たせといて車で移動、崖の上についてから「よーし上がってこい」となります。

ただこれだと決定的な事、ヒビキさんは運転が下手という問題が解消されません。
では事前にヒビキさんが車の運転を鍛えてるシーンを入れておきましょう。あ、これで全部解決!でももう少し。

ヒビキさん、師匠という立場上、お手本とか見せそうだし やはり別の人物が不知火を運転して崖の上に移動するのが自然かな?
そーした場合、今回のストーリー上 誰がドライバーに適任か?です。
重症のトドロキにつきっきりの日菜佳は無理。人手不足のたちばなをあける訳にはいかないので、香須実も無理。当然、事務局長はこの切迫した状況 本部で指示をとらなければいけないので無理(事務局長運転できんの?)
郁子母は仕事で無理。ザンキさんとイブキは当然現場。となると、空いてるのはみどりさんという事になります。

よってこのシーン、崖の上のヒビキさんの後ろに不知火と一緒にみどりさん置いときましょう。

長々と失礼致しました。
2005/12/15(木) 10:31:58 | URL | きへんにふゆ #-[ 編集]
毎回イラストを楽しみに拝見しています。今回は思い切って、トラックバックをさせて頂きました。これが自分から引く初トラックバック♪やった事がなかったので、引き方を調べたりして(汗)。凱火の時は、バイクを鍛えているシーンがあったのに、今回は崖(採掘場?)修業シーンで、いきなり不知火。やはり違和感を持ちますよね(泣)。オロチ現象と共に猛士関東支部を襲う不幸の嵐。この事態に、鬼修業を止めたあきらちゃんが、平穏な学生生活を送っていられるのか、あきら派の私としては心配してます。
2005/12/15(木) 10:54:23 | URL | 姫@早紀 #SFo5/nok[ 編集]
こんな投げやりな回へようこそ 3
>姫@早紀さん

いらしゃいませ。

そっかぁー、あきらがいましたね。
鬼の修行をやめても たちばなの手伝い(バイト)は可能ですね。

不知火の運転、みどりさんじゃなくても、あきらに店番任せて 香須実ってのもアリか。

どちらにせよ、運転 鍛えてないヒビキさんより違和感ないですね。
2005/12/15(木) 14:47:11 | URL | きへんにふゆ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
再起不能──魔化魍オトロシのストンピング攻撃を受けたトドロキに突きつけられた残酷な運命。それを励ますザンキもまた致命的な運命を背負って戦いの場に‥‥。ああ、運命に翻弄される雷師弟やいかに!?それにしても前半の『響鬼』、いや、第34・35話(「恋する鰹」「惑わ..
2005/12/14(水) 01:21:56) | これってどうかな?
『仮面ライダー響鬼 四十三之巻 変われぬ身』のCM明け後半です。ここから一層悲しいお話なので、あらすじの説明みたいになっちゃってます。
2005/12/14(水) 02:16:14) | ひびきさん#(しゃーぷ)
ヒビキの「頑張り屋だな」と「ありがとな」に涙。2人の弟子の特訓で忙しいヒビキの代わりに、自分なりに精一杯頑張ろうとした頑張り屋トドの、「ヒビキさんの分まで…」が、せつ
2005/12/14(水) 22:49:05) | かずにっき(にっき+とらにっき+つぶやき)
「変われぬ身」って…変身不能症かと思ったら、脊椎損傷とかの不随状態変身道具との共鳴に必要となる、いずれかの身体の一部が損傷もしくは変調を?という私の予想を、大幅に上回る事態に。・゚・(ノД`)・゚・。公式サイトによると、トドロキくんを何度もプレスした“東秩
2005/12/15(木) 10:05:01) | ■□■ 姫島通信 ■□■
「牙狼」と「マジ」に続いて、こちらのBGMも「ケータイ刑事」関係の『彼女の情景』と『泪の海(TVバージョン)』です。(続けて書いているので、BGMは同じものにします。)で、本編へ。今回は、ヒビキさん、ザンキさんという先輩・三十路の鬼が実に良いことを語ってくれます。
2005/12/16(金) 14:30:00) | MEICHIKU なんでもぶろぐ
「あの・・・、オロチのことが、片付いたら、一緒に、お、ぉ、温泉でも、いかがっすか(-o-;)」「え゛ーーーっ、Σ(゚Д゚;エーッ! そ、それって、お泊りってことですか!?」「え!?ま、まさか。日帰りっすよ、日帰り!( ´゚д゚`)」「わぁはっぁぁ....
2005/12/18(日) 01:16:55) | ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。